無職でもお金借りれる

仕事がない人でもお金を借りられます

通帳見てやばい

仕事がない状況というのは、いろいろ考えられますね。失業中、卒業して就職できず目下就職活動中、ニート、家事手伝い、年金や貯蓄を頼りに生活している、専業主婦などです。こうした状況にある人は、たいてい無駄遣いをしないように、自分の経済能力の範囲内で生活していると思いますが、それでも何かの事情でお金を借りることが必要な場合がありますね。仕事がない人でもお金を借りることはできるのでしょうか?

 

まず、自分が仕事をしていなくても,配偶者に安定した収入がある場合は借り入れが可能です。銀行カードローンでも、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、楽天銀行、イオン銀行、セブン銀行、ジャパンネット銀行などでは専業主婦も借り入れができます。消費者金融でも中小規模の消費者金融なら専業主婦にもお金を貸してくれるところがあります。

 

現在失業中の方の場合は、銀行のカードローンなどの利用は難しいですが、中小規模の消費者金融なら借り入れが可能です。失業保険が入る見通しがあれば、次の仕事が見つかるまでの生活費として、つなぎ程度のお金を貸してもらえることもあります。年金受給のみの方の場合も、年齢制限以内であれば貸し付けをする金融機関があります。ただし、消費者金融が年金を担保にお金を貸すことは法律で禁じられているので、そのような貸し付けをする消費者金融は闇金です。絶対に連絡を取ったりしないでくださいね。

 

消費者金融や銀行のカードローンの審査に通りそうになく、しかもお金を必要としている方なら「総合支援資金貸付」を利用することができます。申し込みは地元の「市町村社会福祉協議会」で行います。「生活支援費」は生活再建までの間に必要な生活費用を借りることができ、二人以上は月20万円以内、単身なら月15万円以内です。住居のない方も住宅入居費の借り入れができ、敷金、礼金等の住宅の賃貸契約を結ぶために必要な費用を借りることができます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る