無職 カードローン 申し込み

無職の人がカードローンに申し込むときの手順

スーツでご案内

カードローンの申し込みは原則毎月安定した収入が見込める人ができることになっています。ですから、無職で収入がない人は申し込みができないのですが、専業主婦の場合は無職でもお金が借りれます。といってもすべての金融機関が専業主婦にお金を貸しているわけではありませんので事前に申し込み条件を確認してください。

 

専業主婦が銀行カードローンに申し込む場合は、まず、本人確認書類を準備してください。本人確認書類は、運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。申し込み方法によっては、運転免許証しか有効でない場合もあるので、申し込み方法と提出書類を一緒に確認してくださいね。本人確認書類を準備したら、ネットや電話など自分が申し込みやすい方法で申し込みの手続きをします。ネットなら申し込みフォームに必要事項を入力して送信するだけです。仮審査の結果は電話かメールでありますので、仮審査に受かったら本人確認書類をメールやファックスで送ってください。消費者金融に申し込む場合は本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要です。

 

その後、本審査の結果がわかるとやはりメールか電話で連絡があります。契約内容を確認して問題がなければ契約手続きを行ってください。契約手続きは会員専用ページから行えます。手続きが終わると振込みキャッシングの申し込みができ、お金が口座に振り込まれます。カードローンによっては、年金受給者が無職でもお金を借りれるものがあります。その場合は、申し込みフォームの年収のところに年間で受け取れる年金の総額を書いてください。また、消費者金融の学生ローンも無職でもお金が借りれるローンのひとつです。学生でアルバイトをしていなくても仕送りなどで収入があれば無職でもお金を借りれます。ただし、申し込みには学生証が必要です。そのほかに運転免許証や健康保険証を提示できれば金利が優遇される場合もあります。学生ローンの場合はネットで申し込めることもありますが店舗に行って手続きが必要な場合もあります。

 

このように無職でもお金が借りれるローンはいくつかあります。また、ほかに無職でもお金を借りれる場合としては、失業しているけれど雇用保険を受け取れるとか、派遣社員で派遣先は決まっているけどまだ勤務していないという場合です。ただ、このような状況の人にお金を貸すのはかなりまれなケースで(中には闇金もあるので注意)、大手消費者金融や銀行カードローンではこのような状況にある人はお金を借りることはできません。お金を借りることはストレスになりますから、ローンを利用するのは職が安定してからにした方が無難ですね。


このページの先頭へ戻る