カードローン 審査 チェックポイント

カードローンの審査のチェックポイント

オーケーサイン

カードローンに申し込んだ後は審査の結果が出るまでとても不安ですね。審査に通るか落ちるかは何によって決まるのでしょうか?

 

カードローンの申し込み書には自分の住所や名前のほかに職場やその他の個人の情報を記入するところがあります。たとえば、勤務先、勤続年数、勤務形態、住居、保険の種類、他社借り入れ件数、借入残高の総額などです。これらがすべて審査のチェックポイントになっています。カードローンの場合、アルバイトやパートでも申し込みができるので、そのような勤務形態が理由で審査に落ちることはありませんが、審査に有利なのはやはり正社員として働いている人です。しかも勤続年数が長く、安定した企業で働いているならさらに有利です。勤務先は重要な審査ポイントになりますが、中には無職でもお金を借りれるカードローンもあるので、それだと勤務先は審査のポイントから外されます。無職でもお金を借りれるというケースは、配偶者に安定した収入がある無職の専業主婦、年金受給を受けて生活している人、無職だけど親からの仕送りなど何らかの収入がある学生などです。また、雇用保険を受け取っている人が無職でもお金を借りれる場合があります。ただし、これは小規模の消費者金融に限られていて、闇金である可能性も高いので注意が必要です。

 

そのほかの審査のポイントとしては持ち家か賃貸か、住宅ローンはあるかないか、独身者なら親と同居か一人暮らしか、他社借り入れ件数や借入残高の総額、信用情報機関に金融事故の記録が残っているかどうかなどになります。住宅ローンのない持家に長く住んでいる場合が審査には最も有利です。賃貸の場合なら居住年数が長い方が評価が高くなります。信用情報機関に債務整理や著しい延滞の記録が残っていると銀行や大手消費者金融からの借り入れはほぼ無理です。中小規模の消費者金融なら貸してくれるところもあります。チェックされる信用情報は本人のものです。ですから、無職でもお金を借りれる専業主婦が申し込んだ場合でも、配偶者の信用情報がチェックされることはありません。


このページの先頭へ戻る